開運なび
ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要
ホーム > 風水なびトップ

風水なび
風水トップ 風水の基礎 全体運風水  金運風水 恋愛風水  仕事風水 健康風水  家庭風水



風水四神相応ブレスレット:天眼石
▲風水で東西南北を守る四神獣を配したブレスレットです。詳しくは画像をクリックしてください。

 

風水の基礎知識編

スーパー風水活用編



風水の基礎知識


●そもそも風水とは?

 風水とは、古代中国から綿々と受け継がれてきた「気の科学」。天と地のエネルギーの流れを利用し、都の造営や居住空間に生かそうとした知恵の集大成です。 歴代の皇帝たちはこぞって風水師たちを徴用し、子々孫々までの権力の強化を計ったことはあまりにも有名。当然その影響は日本にも現れ、奈良や京都などはもちろん、江戸城までもが風水思想をもとに築かれました。
 天地を流れるエネルギーは「気」と呼ばれ、その流れは龍が身をくねらせて動く様を連想させたことから「龍脈」と呼ばれました。また気の流れが集まっている場所を「龍穴」と呼び、そうした場所はエネルギーが高いので、都を築いたり、家や墓を建てたりするには最高の場所とされたのです。
 鍼灸を受けたことのある方ならご存じでしょうが、人体には気が流れる経絡と、気の集まるポイントであるツボがあります。地球もまた一個の生命体と考えれば、龍脈は経絡、龍穴は地球のツボと言うことができるでしょう。身体の痛む場所は気の流れが滞っている場所。同様に、気の流れが滞っている所に住むと、なぜか体調が優れずツキがなくなったり、逆に気の流れが良い場所に住むと自然に生き生きと生活して運もツイてくるもの。もちろん龍脈からはずれた場所に住んでいたとしても、風水上のテクニックでエネルギーの流れを改善することができます。
 つまり風水とは、古来から伝わるエネルギー工学のテクノロジーであり、環境整備学であるのです。
 イギリスの名宰相チャーチルは、「人が住まいを建て、住まいが人を作る」と述べたといいます。この言葉にならうなら、運気の良い住宅に住めば人は自然と開運していき、逆に気の流れが滞った住宅に住んでしまうと、本人がいくら努力しても報いは少なく終わると考えられのではないでしようか? 





●風水の理想の環境とは?

 日本では風水というと、主に家相やインテリアにフォーカスした話になりがちですが、もともとは、中国の皇帝たちが都や宮殿を造営するために、エネルギーの高い場所を探したことから始まりました。そして、風水的にもっとも理想的な地形をした場所は「四神相応の地」と呼ばれます。
 具体的には、北に山や丘陵があり、南方に開けた平地もしくは海があり、東側に川、西に大きな道が通っているという地形です。北に山があれば北風を遮ることができ、南に開けた平地は作物の実りも良く暮らしやすい、そして東西に川と道があれば陸路も水路も使えるので交通の要所となるわけです。
 ちなみに「四神相応の地」と呼ばれる理由は、東西南北を守る象徴として伝説上の四匹の神獣を当てはめているからです。北は黒い亀である「玄武」、南は赤い鳥「朱雀」、東は「青龍」、西は「白虎」です。
 さて、理想の地がどういうものか分かっても、そうした場所に住める人などほんの一握りにすぎません。まして狭い島国の日本でビルの林立する都会にでも住んでいたら、これはもうお手上げ・・・・ではないのです。
 風水のスゴイところは、たとえあなたの住む場所が「四神相応の地」ではなくとも、観葉植物やパワーストーンなど身近な物を用いて気の流れをコントロールし、なるべく良い環境に変えることができるのです。それゆえに風水はしばしば「環境整備学」であるとされるのです。

 そのひとつの例が下記のブレスレットです。風水の四神獣を配した特殊なブレスレットで、腕に付けることで、自分自身を「四神相応の地」にしてしまう暗示が込められています。詳しい情報は画像をクリックしてください。
風水四神相応ブレスレット:天眼石





●あなたの部屋はあなたの心の表れ

 風水では、「内に在るものは必ず外に表れる」と説きます。あなたが生活している部屋、住んでいる住居などは、あなたの心の状態を投影していると考えます。
 たとえば、だらしない人の部屋はだらしない状態になり、几帳面な人の部屋はいつもきっちり片づいていて、心が疲れている人の部屋はやはり疲れているように見えます。性的にルーズな人の部屋は洋服や下着が出しっぱなしになっていたり、金銭的にツイている人の部屋は、やはり金回りの良い雰囲気を漂わせています。
 逆もまた真なり。
 私たちは身近な環境を整えることで、自分の心や運気までも変えることができるのです。
 ちょっと極端な例ですが、暴れん坊で手の付けられなかった凶悪犯が、刑務所という環境の中で折り目正しい生活を覚え、自分を変えることができたりします。同じように、私たちは自分の部屋をきっちり片づけ、方位に合うラッキーカラーのインテリアを揃えたり、恋やお金を呼ぶラッキーグッズを所定の位置に置くことで、その環境が放つ波動を自分のカラダとココロに取り込み、自然に幸運体質になっていくことができるのです。
 このように、風水はエネルギー工学的な側面もあれば、深層心理学的な側面も含んでいるのです。





●環境を改善する手軽なモノたち

 風水はもともと地脈占いから発しているので、理想を言えばもっとも良い地相の場所「龍穴」に住むことが最善策です。しかしこの狭い日本で、誰もが条件の良い土地に住むことなど不可能。
 でも心配ありません。地相的にあまり芳しくない場所でも、観葉植物やパワーストーンなどを使って家の中の“ツボ”を刺激し、運気の流れを調節して環境を改善してしまうのが風水の真骨頂だからです。
 環境改善には、伝統的な風水用具がさまざまありますが、スーパー風水では、より身近あり、より強力なグッズを使って、手軽に運気を改善できる方法を提案していくつもりです。その主立ったモノは下記のとおり。

(観葉植物)
 観葉植物は気の流れを調節したり、置いた場所の方位パワーが持つ力を増幅する作用があります。例えば、南方位が持つ結婚運パワーをより増大させるために観葉植物を置いたり、部屋の隅や壁が凸凹になっている場所には悪い気が出入りしやすいので、観葉植物を置いてカバーする、などのやり方があります。科学的に見ても、植物は人の心をリラックスさせ、目を休め、マイナスイオンを供給するとされています。
 一般的に、その場の気を旺盛にする植物は常緑植物で、特に葉が厚いものが良いとされます。逆にその場の凶相を祓う目的なら、サボテンなどの棘や尖った形の植物を利用します。

(塩)
 塩は邪気を祓い、場を清めるツールとして、とても手軽かつ強力なものです。現実世界においては殺菌力の高さから食品の保存に多用されますが、それは目に見えない空間世界においても同様で、悪気を逸らすと考えられるのです。
 良い例が、お葬式の帰りに「お清め」と称して塩の小袋を渡されますね。これは邪霊を払うためですが、清めや浄化に塩を用いるのは何も日本だけに限らず、世界中でみられます。それだけ効果が認められているということでしょう。

(パワーストーン)
 スーパー風水の最大の特徴は、パワーストーンを多用することです。
 石は古来より身を飾る物として以外に、ヒーリングや異次元との媒介物として世界中で使われてきました。古代エジプトでは、身体の各部に特定の石を置くことで病を治したとされ、インド、チベット、中国の伝統医学では、今も石を薬として用いています。神殿や神社などでいわゆる「御神体」として安置されているものが、石や岩であるケースは世界各地でみられます。現代科学では、石はただの結晶体としてしか見なされていませんが、古代人たちはその真の存在価値を見抜いていたのです。

(キャンドル)
 炎は生命の象徴であり、そのゆらめく光は人の意識をパワーアップし、祈りの能力を高めます。それゆえに世界中のあらゆる宗教において、祭壇の前にキャンドルが置かれてきました。しかし時にはキャンドルはただの装飾品としてしか扱われていないケースもあります。これはとてももったいないこと。
 キャンドルは正しい使い方さえすれば、強力な開運ツールになり得るのです。当サイトでも徐々にキャンドルの情報をアップしていく予定ですので、ご期待ください。

(アロマ)
 香りと煙、この要素もまた重要な開運ツールです。皆さんよくご存じのように、アロマはリラックス効果が高く、健康を促進し、それだけでも開運の素といえます。
 加えて、香りと煙というものは、人の心の波動と同様、願い事を伝達してくれる媒介物なのです。煙は人の願い乗せて立ち昇り、四方八方に広がっていきます。昔は台所にカマドの神様を祭るお札を貼ったものですが、これはカマドから立ち上る煙が庶民の願い事を運んでくれると考えられていたためです。
 もちろん、世界中のあらゆる宗教でお香が炊かれるのも、ひとつには、こうした理由があるからなのです。

(カラー・グッズ)
 風水といえば「西に黄色」などと言われていますが、これはあながち間違いではありません。各方位にはそれぞれ運を呼び込む得意分野がり、その方位と相性の良い色を置くことで、その方位のパワーをよりアップさせることができるからです。
 色の付いたグッズは、ポスター、ぬいぐるみ、家具、小物など沢山ありますので、自分で好きなようにアレンジしてみてください。




●知っておきたい「陰陽・五行」の考え方

 風水のベースとなる考え方が、「陰陽・五行思想」。名前はいかめしいですが、実はとてもわかりやすく、それでいて奥の深いものなのです。
 陰陽とは、「二つの正反対の性質」のこと。プラスとマイナス、昼と夜、男と女、天と地、光と影。すべて陰陽のセットです。これらは別に対立するものでもなければ、どちらかが良い悪いというものでもありません。この世のエネルギーは陰と陽の二種類があり、それらが一対の物としてバランスが取れた状態が望ましいのです。
 例えば、昼ばかりの一日が続けば、地球は干上がってしまいます。男ばかりの国では戦争が絶えないでしょう。光が差せばからなずそこに影ができます。現代の住宅環境では放っておくとプラスイオンばかりが発生し、病気になりがちになるので、今やマイナスイオン発生装置が大変話題になっています。
 このように陰陽のバランスを取ることが、風水の基本中の基本です。そのために室内のインテリアやカラーリング、観葉植物、パワーストーンなどが使われるわけです。ちなみに陰と陽のバランスが取れた状態が、左のような「太極図」として図案化されています。

 五行とは、この世界にある物質すべてには、「水」「土」「木」「火」「金」の五つの内、どれかの性質を有しているという考えです。
「水」は文字通り水。「土」は大地。「木」は樹木。「火」は炎や熱。「金」は金属。一見単純なようですが、各方位にこの五種類の性質のどれかがあるとされ、そこから方位別の運気やラッキーカラーなどが生まれてきます。
 例えば、西は「金」の性質を持つとされ、それゆえに金色、黄色、白金の白などと相性が良く、運勢的には金運を司るとされているわけです。




●方位別のラッキーカラーってどういう意味?
五行 基本色 相生色 補完色
水色、青、黒、灰 赤、ピンク、オレンジ
東北 茶、黄
緑、青 水色
東南 緑、青 水色 赤、ピンク
赤、紫、ピンク 緑、青 白等の寒色
西南 茶、黄 白、緑、青、水色
西 白、黄、金、銀 オレンジ
西北 白、黄、金、銀 オレンジ、ピンク

(基本色とは?) 
 風水のベースとなる考え方のひとつに、五行思想というものがあります。
 五行思想とは、この世界に存在する万物はすべて、「木」「火」「土」「金」「水」のどれかの性質を有するという考えです。そしてそれら五要素には性質を表す色があり、それが基本色になります。
 ・北は「水」の性質を持つ方位なので、水色や青色。また、北は夜の方角であるため、夜の暗さを表す象徴として黒やグレーも北の色です。
 ・東北と西南は「土」の性質を持つ方位なので、土の色である茶や黄色が基本色。
 ・東と東南は「木」の性質を持つ方位なので、基本色は植物の色である緑や青。
 ・南は「火」の性質を持つ方位なので、基本色は太陽の赤、紫、ピンクなど。
 ・西と西北は「金(金属)」の性質を持つ方位で、中国では金と言えば白金のことだったので、まず白があてがわれ、ついで黄金を象徴する金色や黄色、シルバーの銀色などが基本色になります。

(相生色とは?)
 五行の各色には、それぞれの性質を盛んにする色があります。これを相生色と呼びます。
 たとえば、「水」を与えると「木」が育ちますね。そのため、「水」は「木」の性質を盛ん相生関係図にする色=相生色です。同様に、「木」が燃えると「火」を生むので、「木」は「火」の相生色になります。これを分かりやすく下記に示しておきます。
 ・「水」は「木」を育てる。
 ・「木」が燃えると「火」を生む。
 ・「火」は燃え尽きると「土」に還る。
 ・「土」は「金」を育む。
 ・「金」の表面には「水」が生じる。

(補完色とは?)
 風水で最も大切なのは、陰陽のバランスを取ることです。そのため、五行の基本色と相生色を配すれば良いかと言えば、これはすべての家に当てはまりません。
 例えば南は太陽がさんさんと降り注ぐ方位であり、火の要素を持つ赤がラッキーカラーであることは自然なことです。ですから、もしもあなたの部屋の南側が壁になっていて、日光がまったく差さないとしたら、壁に赤色のポスターを貼ったり、スポットライトをつけるなどして、疑似太陽を作ってください。そうすると自然の姿が再現され、ココロとカラダが落ち着くのです。
 けれど、もしあなたの部屋の南側に窓が大きくとられ、太陽の光が十分に入ってくるとしたら、そこに赤色のカーテンを下げては赤が過剰になってしまいます。こんな部屋に夏場いたら暑くて死にそうになるはず。けれど人間とは不思議な物で、緑などの寒色系のカーテンを下げると、体感温度が下がるものなのです。ですから、スーパー風水では、生き生きと茂る樹木を象徴するグリーンも、南のサブ・ラッキーカラー=補完色としています。
 同様に、北の本色は青と黒、相生色は白ですが、北側は往々にして日が差さず冷え冷えとした環境になりがちなので、この方位で長く過ごすと下半身に問題が出がち。そこで、スーパー風水では、赤やオレンジなどを少量使うことで暖かみを入れ、陰陽のバランスを取ることをすすめます。
 また、東の本色は緑、サポートする色は青ですが、東は太陽が勢いよく昇り、一日の始め、物事の始まりを意味する方角ですので、太陽を意味する赤を使うと方位の意味合いが強まります。




●家の中心の求め方

 八方位を出すためには、まず家の中心をださなくてはなりません。そのためには、まず家の図面を用意してください。
 単純な四角形をしている家や部屋なら、話は簡単。四隅に対角線を引いて、線の交わった所が中心、すなわち太極になります。
 しかしたいていの家は、一部分が凹んでいたり、出っ張っていたりするもの。このような場合は、図面を厚紙に貼って切り抜き、ペン先などの上に載せてバランスが取れる場所を探し出します。そこが太極になります。

 さて、中心といっても、家全体の中心があり、各部屋の中心があります。こうした場合はどのように考えたらよいのでしょう?
 答えは簡単。家全体・家族全体の運気を見る時は、家の中心点を太極と定め、磁石を使って各方位を割り出します。個人の運気を考える時は、自分の部屋の中心を出します。二階の広さが一階と違う場合は、それぞれフロアごとの中心点を出してから、各方位を割り当てます。
 宇宙はすべて相似形的な構造になっており、全体と各部分と共通構造になっていると言われます。ですから、家という全体の中心があり、各部屋という部分の中心があるのはごく自然なことなのです。




ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要

当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。(c)20002-2003 Kaiun-Navi All Rights Reserved.