不思議の国インドより来たる、摩訶不思議な水晶

アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶)









完売しました。<(_ _)>



入荷情報は下記のメルマガで随時流しております。よろしければご購読ください。

開運ゲッター's 新着情報















  
 

アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) サンプル画像b
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) サンプル画像c
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) サンプル画像e
▲上記3枚の画像は、同じ石の同じ部分を、ライトの位置をわずかに変えて撮影しました。光の入る角度が微妙に変わるだけで色の出方が変化し、また結晶表面の下層から色が反射されていることがわかります。

※画像の色合いやコントラスト(濃さ)は、お使いのモニターにより大きく異なります。また石に浮かぶ虹色も、光源の種類などにより色が異なって現れます。あらかじめお知りおきください。

●ページの下方に売り場があります。
●すべてインド、マハラシュトラ州アジャンタ産。


 最近流通を始めたきわめて特殊な水晶です。
 レインボー水晶と言えば通常、水晶内部に生じたクラック(ヒビ)に光が反射して虹彩が浮かぶものを指します。また、水晶の表面に金属粉末などを蒸着させたアクアオーラ等の水晶もありますが、こちらはあくまで人為的に加工されたもの。しかし、本ページに掲載されたレインボーが浮かぶ水晶は、クラック面によらず、また表面加工によるものでもない、きわめて特殊な発色をしています。
 左の画像をクリックして拡大画像をご覧下さい。ブルーとピンクの色を発色している面が、サンドイッチのように層を成している様子が見て取れます。どうやらこの「層状結晶」が、大きな要因のひとつであるようです。

 少し詳しく考えてみましょう。
 水晶の結晶とはらせんを描きながら成長していくもので、らせんの回転する方向は右旋回と左旋回のタイプがあります。通常はどちらか一方向に結晶していくのですが、なかには、右巻き水晶と左巻き水晶が合体しているケースがあり、これを双晶と呼びます。双晶には文字通り二つの水晶が合体してV字型を成しているタイプもあれば、見かけは一つの水晶ポイントなのに、実は内部で右巻きと左巻き水晶が相互に貫入しているタイプもあります。
 本ページの水晶は、どうやら後者のようです。虹色を浮かべる面の下に、右水晶と左水晶の非常に薄い結晶面が幾層にも重なって結晶しており、この多層面に入った光が反射し、表面付近のごく微量の不純物とあいまって虹色を浮かべている・・・、といった説が有力です。

 産出地はインド、デカン高原北西部のアジャンタ。美しい仏教壁画で有名な石窟寺院が世界遺産に指定されている土地で、パワースポットであることは間違いありません。
 この水晶、実は約50年ほど前に一度インドで発見されたのですが、実際に市場に流通を始めたのは2009年から。当初は指先ほどの小さな石が非常な高値で取り引きされ、また天然か人工かという判断もつきかねたことから、当サイトでは扱いを控えてきましたが、最近では価格もグッと下がり、前述のような発色のメカニズムが分かってきたことから、今回ご紹介することにしました(但し、この発色の仕組みはひとつの説であって、完全に断定されたわけではありません)。

 パワーストーンとしての意味や効果なども、今後チャネラーたちによる様々なリーディング結果が集積され、最大公約数的な見解が示されていくことでしょう。
 レインボー水晶としての意味だけを観れば、「悲しみや苦しみ・孤独感などのネガティブな感情を和らげる」「混乱を抜け出し希望をもたらす」、「天界からの創造力をもたらす」といった暗示が語られています。
 いずれにせよ、パワーストーン的にも極めて特殊な水晶と言えそうですから、上級者の方であれば一つは抑えておくべき石と言えそうです。

▼各画像をクリックすると拡大画像がひらきます▼

アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.01 画像a
▲中央上部と左端に虹色が浮かんでいるのが見えます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.01 画像d
▲やや上目から撮影。脇にあるのは単四乾電池です。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.01 画像b
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.01 画像c
▲上下2枚の画像は同じ部分ですが、ライトの位置を微妙にずらして撮影したため、虹色も変化しています。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.01
¥9,450(税込)  売約済み
約幅83×奥40×高35ミリ
 一見すると細長い石英ですが、手に持って、ごくゆっくり回し、角度を変えながら見てみてください。表面に生えた水晶結晶に、小さいながら色が浮かびます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.02 画像a
▲中央部を中心に数カ所虹色が浮かんでいるのが見えます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.02 画像d
▲やや上目から撮影。脇にあるのは単四乾電池です。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.02 画像b
▲虹彩部のクローズアップ
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.02
¥12,800(税込)  売約済み
約幅90×奥48×高43ミリ
 ドーム型を二つに分けたような形をしており、断面を見ると、メノウ質の母岩を覆うように水晶が結晶している様子がわかります。まるでトゲのように結晶した水晶の小さな面に、パステル色のグリーンやブルーの虹彩が浮かんでいます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.03 画像a
▲中央上部に虹色が浮かんでいるのが見えます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.03 画像d
▲上の画像とは反対側の断面側を撮影しています。脇にあるのは単四乾電池です。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.03 画像b
▲虹彩部のクローズアップ
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.03
¥13,800(税込)  売約済み
約幅75×奥50×高50ミリ
 カットされたロールケーキのような形状をしており、ほとんどが水晶(石英質)ですが、中央部に少しメノウ質があります。尖った水晶結晶が多いので、よく観察すると、いろいろな場所に虹彩を発見できます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.04 画像a
▲中央上部と左端の数カ所に虹色が浮かんでいるのが見えます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.04 画像d
▲上の画像とは反対側を撮影しています。脇にあるのは単四乾電池です。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.04 画像b
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.04 画像c
▲虹彩部のクローズアップ
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.04
¥15,800(税込)  売約済み
約幅85×奥66×高48ミリ
 卵を横に寝かせたような形状をしています。底部はメノウ質、その上が石英質で、細かな水晶ポイントがたくさん生えています。こちらも様々な場所に虹彩が浮かび、赤っぽい色が比較的多いようです。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05 画像a
▲左端の数カ所に虹色が浮かんでいるのが見えます。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05 画像d
▲上の画像とは反対側を撮影しています。脇にあるのは単四乾電池です。
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05 画像b
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05 画像f
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05 画像g
▲虹彩部のクローズアップ
アジャンタ クォーツ(天然レインボー水晶) No.05
¥26,800(税込)  売約済み
約幅100×奥85×高40ミリ
 わりと大きめで、こちらもロールケーキをカットしたような形状をしています。ブルーとグリーンの虹彩が中心で、よく探していくと赤みを帯びた部分もみつかります。
ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「テラトリニティ」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。