古代の水が水晶内に閉じ込められた珍品!

水入り水晶ペンダント


知る人ぞ知る、強力なヒーリングアイテムです

水入り水晶ペンダント サンプル画像a
▲上記はサンプルです。ページ下方に個別の売り場が並んでいます(上掲はNo.04)。
水入り水晶ペンダント サンプル画像d
▲角度によって水の見えやすい方向があります(上掲はNo.02)。

【ご注意】水入り水晶はクラック(ヒビ)や内包物の多い石が多いため、クラックがペンダントの表面付近にあると、研磨しきれずにヒビや欠けのようになって残ります。本ページで販売するペンダントも、多数のクラックが見られます。あらかじめご了承ください。


ペンダントチェーン
別売りチェーン
チョーカー
別売りチョーカー
中国ひも
別売り中国ひも
●ページ下方に在庫が4点並んでいます
●原石の産地・加工地、共に中国
●金属部はシルバー925
●チェーン等は付属しません




 水入り水晶とは、文字通り、水晶の内部に水が閉じ込められているものです。
 なぜ水が入っているのかはまだ正確には分かっていませんが、熱水中に水晶が結晶していく際、内部のクラック(ヒビ)によりできたわずかな空間に、水滴や蒸気が入り込み、閉じ込められたのではないかと思われます。

 水が入っていると言っても、水晶自体が透明なので分からない場合が多いのですが、水泡や微細な内包物の動きなどにより観察することができます。本ページに掲載した石も水泡を観察できるため、画像を撮影した際に赤い矢印で示しておきました。
 石を見る角度や光の当たり方でも見え方に差異がありますので、お手元に届いたら、ゆっくり傾けるなどして見てください。

 水入り水晶は知る人ぞ知るヒーリングアイテムとして、古来珍重されてきました。
 水晶自体が浄化やヒーリングパワーの強い石で、結晶した太古の波動を有しています。その中に入っている水は、古代の水そのもので、いわば原初の生命を育てたエネルギーを有しています。そうした水を含むことは、水晶のエネルギーを格段に高めることとなります。
 それを知っていたのでしょう、古代中国では水晶内部の水は「不老長寿の水」とされ、皇帝たちが好んで飲んだとも伝えられています。

 今では実際の飲めるほどの水が入った石が見つかることは希です。しかし小さな水入り水晶でも、ペンダントとして喉の近くに下げることは、その波動を取り込むための有効な方法です。太古の地球に充満していたエネルギーがゆっくりと放たれ、疲れた身体に「元気」が満たされていくことでしょう。

 今回入荷したのはわずか4点です。ページ下方に個別に掲載しておりますので、必要な方はお早めにお申込みください。

▼各画像をクリックすると拡大画像がひらきます▼

水入り水晶ペンダント No.01 画像a
▲左右の画像は、同じペンダントを様々な角度から撮ったものです。
この面を下側から見ると、底部にレインボーが出る場合があります。
水入り水晶ペンダント No.01 画像b
▲矢印で示した部分が水泡です。
水入り水晶ペンダント No.01 画像c
▲裏側から撮影。
水入り水晶ペンダント No.01
¥9,800(税込)
約縦×幅×厚ミリ(金属部含む)
 水晶全体に山型のクラックと、それに沿って黒い内包物が入っているため、ファントム水晶として見ることもできます。
 肝心の水は、山頂の真下に大きく入っています。大きめなので逆に気づきにくいかも知れませんが、ペンダントを縦からゆっくり横に動かすと、水泡がわずかに動きます。

水入り水晶ペンダント No.02 画像a
▲左右の画像は、同じペンダントを様々な角度から撮ったものです。
水入り水晶ペンダント No.02 画像c
▲裏面側には白い内包物あり。
水入り水晶ペンダント No.02 画像b
▲矢印で示した部分が水泡です。
水入り水晶ペンダント No.02 画像d
▲この角度から見ると水泡が分かりやすいと思います。
水入り水晶ペンダント No.02
¥9,800(税込)
約縦24×幅17×厚10ミリ(金属部含む)
 丸くコロンとしたタイプの石です。水は右上部にかなり大きく入っており、石をゆっくり傾けると、水泡が少し細長くなったり、元にもどったりします。
 裏面側には白い内包物が点々と散っています。

水入り水晶ペンダント No.03 画像a
▲左右の画像は、同じペンダントを様々な角度から撮ったものです。
水入り水晶ペンダント No.03 画像b
▲こちらの水泡はあまり動きません。
水入り水晶ペンダント No.03 画像c
▲こちらの水泡ははっきり動きます。
水入り水晶ペンダント No.03
¥12,800(税込)
約縦26×幅17×厚9ミリ(金属部含む)
 石自体に透明感があり、光輝が強く、キラキラしています。
 水泡は2カ所ありますが、3番目の画像に写した部分がはっきり動くので分かりやすいです。ペンダントを裏側(バチカンに刻印のある側)にして、ゆっくり逆さまになるまで動かすと、水泡がコロンと動きます。

水入り水晶ペンダント No.03 画像a
▲左右の画像は、同じペンダントを様々な角度から撮ったものです。
水入り水晶ペンダント No.03 画像b
▲矢印で示した部分が水泡です。
水入り水晶ペンダント No.03 画像c
▲裏側から撮影。
水入り水晶ペンダント No.04
¥13,800(税込)
約縦30×幅18×厚7ミリ(金属部含む)
 石自体は楕円形でやや平たいタイプですが、内包物やクラックが少ないため、水泡の入っている部分がはっきりわかります。水泡は大きくは動きませんが、ゆっくり傾けたり逆さにしたりすることで、その形が微妙に変化します。


ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「テラトリニティ」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。