種から育ち、豊かな収穫を、毎年、確実にもたらしてくれる!

豊かさをもたらす《 金麦ルチル 》

ルチルクォーツ置物 プレミアム No.648


「豊作をもたらす」「金運アップ」「食べ物に困らない」

豊かさをもたらす金麦ルチル ルチルクォーツ置物プレミアム No.648 画像a
▲金色の麦の穂を思わせるルチルが入っています。

豊かさをもたらす金麦ルチル ルチルクォーツ置物プレミアム No.648 画像b
▲正面から撮影。

豊かさをもたらす金麦ルチル ルチルクォーツ置物プレミアム No.648 画像c
▲ルチルのクローズアップ。

豊かさをもたらす金麦ルチル ルチルクォーツ置物プレミアム No.648 画像d
▲向かって右側。

豊かさをもたらす金麦ルチル ルチルクォーツ置物プレミアム No.648 画像e
▲向かって左側。背面側に、ファントム水晶的な白い層が出ていることがわかります。脇にあるのは単四乾電池です。

豊かさをもたらす《 金麦ルチル 》 画像f
▲お札の上に置いておけば、豊かさをもたらす種銭となってくれそうです。

※表面は研磨されているのでツルツルしていますが、微細なキズ欠けはあります。
※画像の色合いやコントラスト(濃さ)は、お使いのモニター環境により大きく変わります。あらかじめお知りおきくださいませ。

商品名
豊かさをもたらす《 金麦ルチル 》
ルチルクォーツ置物 プレミアム No.648
価格
¥88,800(税込)
現品1点限り
購入数
●本品の送料は最終ページで無料計算されます
●サイズ=約高83×幅62×奥95ミリ 重約600g
●ルチル原石・研磨加工共にブラジル






 立体感があり、くるりんと可愛い形をした、ルチルクォーツの置物です。
 正面からみると、だ円形をしていて、何かの種のようですね。
 内部には、まるで麦の穂を思わせる、きれいなルチル(金紅石)が入っています。やや赤味を帯び、直線状の針が束になって広がったその様子は、じっと見ていると、夕陽に照らされた麦畑の景色を連想させます。

 麦などの穀類は、古来、豊かさの象徴とされてきました。
 ヨーロッパでは、畑で収穫された最初の麦の束には精霊が宿るとされ、神聖なもの、幸せを呼び魔を払うものとして扱う風習が、各地に残っています。
 同様の風習は日本にもあり、新嘗祭(にいなめさい)がそれにあたります。その年に収穫された米や麦などを、天照大御神にお供えする儀式です。

 そうした豊かさのシンボルとしての麦のような金針を、水晶内部に秘めている本品は、とても縁起のよいものです。
 横側から見るとわかりますが、石の後ろ側には、ファントム水晶状の白い層が入っています。ファントム水晶は、「一歩一歩、確実な成長をもたらす」という暗示があります。

 ルチルクォーツは強力な金運アップの石として大人気ですが、本品は、種から育ち、豊かな収穫を、毎年、確実にもたらしてくれるような、そんなパワーを秘めているようです。「食べ物に困らない」といった暗示を示しているのかもしれません。

 よくありがちなゴツゴツしたタイプの石ではなく、表面が研磨され、ツルツルしているため、インテリアとして飾っていてまったく違和感はありません。
 丸みを帯びた面がかわいいので、毎日愛でてあげたくなってきます。
 ぜひあなたのお手元に置いて、可愛がってあげてください。

 現品1点のみです。
 お早めにどうぞ!



〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について〜
・当サイトに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せ頂いた情報、サイト管理人の個人的感覚をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。
・特に健康面に関する記述は現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解下さい。
・当サイトはいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
・当サイトに掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、当サイトでは責任を負いかねます。

ご利用ガイド
はじめに パワーストーンについて 選び方 カートの操作 お支払い/発送方法(送料はこちら)
キャンセルや変更 発送のタイミング 返品について お取り置きサービス 個人情報保護
ログインホームカートを見るご利用ガイドQ&Aお問合せ会社概要通信販売法に基づく表示サイトマップ

当サイトの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承などをもとにしていますが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。 ©Open Sesame Co.ltd., all rights reserved.
※「パワーカクテル」「パワーストーン・カクテル」は開運なびのオリジナル製品であり、ネーミングの転用を禁じます。