開運なび
ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要
ホーム > 開運メールマガジン > 166号〜170号

メールマガジン
今週の開運ツボ
BACK NUMBERS


第170号 旅行にいくなら、水晶かターコイズ、粗塩がベスト

第169号 日本サッカーのシンボル、ヤタガラスの謎

第168号 復活と生命のシンボル、卵

第167号 盛り塩を玄関先に置く意味とは?

第166号 石を持つときは一つが良い? 複数でも良い?


その他の号はこちらへ

 



開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



月14日(金) 2006年

第170号  旅行にいくなら、水晶かターコイズ、粗塩がベスト





こんにちは、開運なびです。


 先週は通勤途上のあちこちで桜の花を楽しめましたが、今週は風に吹かれてはらはらと散る花びらが目を楽しませてくれました。いかにも日本的な情緒ですね。


 さて、この時期になるとしばしば頂くご質問があります。
「旅行に出かけるときのお守りはどんな石がよいでしょう?」
 ゴールデンウィークに海外や長期間の旅行に行かれる方が多いからでしょうね。

 開運なび的に、旅行のお守りとしてお奨めしている石は、水晶(クリスタル)もしくはターコイズ(トルコ石)です。


 水晶は、数あるパワーストーンの中でも基本の石で、願い事をサポートするだけではなく、邪気払いや災難避けとしてのチカラも強力とされています。
 また、石の波動もニュートラルなものですので、持ち主の性格に合う合わないという問題もあまりないと言えます。
 なにか石を持ちたいけど、自分にはどれが良いかわからないという場合、とりあえず最初は水晶をお奨めしているのはこのためです。
 旅行に行かれる場合でも、道中の災厄を避け、楽しい思い出と共に無事に帰宅できるようにイメージングしておく石として適しているでしょう。


 次にターコイズ(トルコ石)は、昔から旅のお守りとされてきた石です。
 トルコ石と呼ばれるわりには、実はトルコでは産出されず、ペルシャ(現在のイラン)産のものを、トルコの隊商が貿易品としてヨーロッパに持ち込んでいたため、この名で呼ばれるようになったと言います。
 トルコの隊商たちは、道中の安全を祈願して、この石をラクダや馬の首に付けていたことから、旅行の守り石として知られるようになったようです。
 現代では、旅行のお守りとしてはもちろん、鉄の馬である自動車の中に置いて、交通安全のお守りとする方もいます。


 また、石と一緒に持って行くと便利なのは、粗塩です。塩の邪気払い効果は、本メルマガでも何度かお伝えしたとおり。
 旅行というものは、他の観光客の方々をはじめ沢山の人々と遭遇する機会が多くなり、それだけ普段とはまったく違う波動を浴びがちになります。
 また、行く先にもよりますが、ホテルや旅館といった宿泊施設や、神社仏閣の周辺には、ネガティブな波動が存在する場合もままあります。敏感な方ですと、そうした部分に感応して気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。

 こんなとき、小分けにした粗塩の出番です。
 葬儀の帰りによくやるように、両肩や頭上に粗塩をふり、邪気を祓ってしまいましょう。ホテルのバスタブに粗塩を入れて入浴してもよいでしょう。いくぶんか気持ちが回復してくるはずです。
 そして旅程を終えて戻り、自宅に入る前にもう一度、粗塩をふります。こうすることで、不用意に持ち帰ったネガティブな波動を祓って、日常に戻ることができるでしょう。
 また、お守りの石も、旅行から帰った段階で、ホワイトセージなどを使って一度浄化することをお奨めいたします。


 関連情報として、本メルマガの下記の号も参考にしてみてください。

 今週の開運ツボ
 第127号  旅行のお守りと、無事に帰るおまじない




 それではまた来週。
  祈開運!




【今週の開運金言】

「急に親しくなった関係は、後悔をやがてもたらす」

(トマス・フラー 〜英国の牧師・歴史家)

 


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2006 kaiun-navi All Rights Researved










開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



月7日(金) 2006年

第169号  日本サッカーのシンボル、ヤタガラスの謎





こんにちは、開運なびです。


 いよいよサッカーのワールドカップ開催時期が6月と迫ってきたこともあり、開運なびでは日本代表にグループリーグ突破してもらいたいと考え、このほどオリジナルの応援ブレスレットを制作しました。
  ↓
 http://www.kaiun-navi.jp/navi/goods/item/00346.html

 このブレスレットには様々な象徴を埋め込んでおり、そのひとつは3個の黒い石で表現したカラスです。
 サッカーファンならご存じの通り、三本足のカラス「ヤタガラス」は、日本サッカー協会のエンブレムに描かれていますね。カラスは日本サッカー界のシンボルなのです。

 でも、なぜ三本足のカラスなのか、ご存じでしょうか?
 そこには、ふかぁ〜い背景が隠されているのです。


-----


 一応、日本サッカー協会のページには下記のように記載されています。
 http://www.jfa.or.jp/outline/index_new.html

  JFAシンボルマーク
   ボールを押さえている三本足の烏は、 中国の古典にある
  三足烏と呼ばれるもので、 日の神=太陽をシンボル化した
  ものです。 日本では、神武天皇御東征のとき八咫烏(やた
  がらす)が天皇軍隊の道案内をしたということもあり、烏
  には親しみがありました。 旗の黄色は公正を、青色は青春
  を表わし、はつらつとした青春の意気に包まれた日本サッカ
  ー協会の公正の気宇を表現しています。


------


 このヤタガラスの解説をめぐっては、協会とファンの間でかなり論争が起こりました。
 というのは、協会側は当初、ヤタガラスの論拠を中国の古典だけに求め、神武天皇にまつわる逸話を無視していたようなのです。ファンから、「これでは中国のために闘うのか」といった抗議が殺到したようです。

 ヤタガラスは、世界遺産にも登録された紀伊半島・熊野にある古社、熊野神社に祀られている三本足のカラスです。
 なぜこのカラスが、日本サッカーのシンボルマークになったかと言えば、ひとつには、日本サッカー界の生みの親といわれる中村覚之助氏の出身地が熊野であり、氏に敬意を表したということです。
 また、サッカーは足を素早く動かすスポーツなので、三本足というイメージもぴったりだったのでしょう。
 

 ただ、なぜサッカー協会が当初、神武東征の逸話を隠していたのかは不明です。もしかしたら、東アジアで試合を行う場合、天皇にまつわる話などが第二次大戦に結びつけて喧伝されると面倒になると考えたのかも知れません。


--------


 ここで少しヤタガラスと神武天皇の逸話を簡単にご紹介いたしましょう。

 ヤタガラスとは、「八咫烏」と書きます。
 「咫」は古代の長さの単位で「あた」と読みます。
 八咫(やあた)と読むのがつまって「やた」となり、「大きな」という意味になります。つまりヤタガラスとは、大きなカラスという意味です。
 ちなみに、皇室の三種の神器とされるもののひとつは、八咫鏡(やたのかがみ)であり、こちらも大きな鏡という意味でしょう。

 ヤタガラスは、古事記や日本書紀に登場する伝説の鳥で、神武天皇の東征を導いたとされます。

 もともと神武天皇はカムヤマト・イワレビコという名で、今の宮崎県付近に住んでいたのですが、東に進出して日本列島を治めようと考え、瀬戸内海を渡り、大和に入ろうとしました。
 しかし地元の豪族たちの強い抵抗に遭い、苦戦を強いられます。
 イワレビコはこの状況をみて、太陽神アマテラスの子孫でありながら太陽に向かって行軍したためと考えました。
 そこで、南に下って紀伊半島をまわり、熊野から北上して大和に入ろうとしました。
 このとき、天界からイワレビコにアドバイスが与えられます。

「天つ神の御子よ、ここより奥の方には入りなさるな。荒ぶる神が多くいる。これより、天からヤタガラスを遣わそう。このカラスの導きに従ってお行きなさい」

 こうしてイワレビコはヤタガラスの道案内により無事大和に達し、そこに都を築いて神武天皇として即位したといいます。


--------


 実は、三本足のカラスにまつわる伝説は、日本や中国はもちろん、ギリシャ神話にも登場しており、どれも「太陽の象徴」として語られています。
 そういった意味では、日出づる国のシンボルとして、足を使う競技のシンボルとして、三本足のカラスは日本のサッカーにぴったりだったのでしょう。おまけに背後には、神武東征のような呪術的な要素も含まれていますから。

 Jリーグのマークに限らず、大企業のシンボルマークなどでも、呪術的な要素を含ませていると思われるものはたくさんあります。
 たとえば、三菱のマークとメルセデスベンツのマークは似ていると思いませんか? おそらくこのマークは、3という数字の性質と、ピラミッドに通じる意味合いを含ませているのではないかと思われます。
 まあ、こうした話はキリがありませんね。




 それではまた来週。
  祈開運!




【今週の開運金言】

「私はアテネ人ではない、ギリシャ人でもない、世界の市民である」

(ソクラテス)

 


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2006 kaiun-navi All Rights Researved










開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



月1日(土) 2006年

第168号  復活と生命のシンボル、卵





こんにちは、開運なびです。


 春ですね。
 お花見に行かれた方も多いことでしょう。

 管理人の通勤途上に中学校があり、正門のすぐ脇に大きな桜の木が生えています。
 お花は今が満開。
 太い幹から分かれた大きな枝が、こんもりした花々をつけたまま正門の上側に斜めに傾いており、やってくる中学生たちを頭上からまるで母のように優しく見つめています。
 桜というのは、本当に春の学校に似合いますね。自分が学生だった頃は、そんなことはつゆほども思いませんでしたが。(^^)



 さて今回は、イースター(復活祭)の話題です。

 キリスト教のお祭りなのであまり馴染みのない方も多いと思いますが、最近では秋のハロウィンが定着してきたように、日本でもイースターにちなんだ行事が行われるようになってきました。
 何でも取り入れるのが日本人の懐の深さなのでしょう。


 復活祭とは、文字通りイエス・キリストの復活を祝うお祭りのこと。キリスト教徒にとっては、場合によってはクリスマスよりも大切な意味を持っていたりします。

 ただ、イースターのルーツをたどっていくと、本来はキリスト教が広まる以前から行われていた春の到来を祝う行事だったようです。
おそらく、厳しい冬を越え、気温も上昇してきて植物が芽吹き、動物もいきいきと行動する時期に、その年の豊作と健康を願ってお祝いしていたのでしょう。
 この春のお祭りがキリスト教の広まりと共に、復活祭として習合していったようです。


 ところでイースターとはいつかと言えば、実は毎年変わるのです。
 決め方は、「その年の春分の日が過ぎたあとの、最初の満月の日曜日」と規定されているそうです。

   2006年は4月16日
   2007年は4月8日
   2008年は3月23日
   2009年は4月12日
   2010年は4月4日

(注:ギリシャ正教では若干異なる日付となります)


 イースターのシンボルと言えば、なんと言っても卵ですね。
 生物の胎児を内に秘めた卵は、いわば生命エネルギーの象徴。動植物がいっせいに活動を始める春の季節にはぴったりですし、キリストの復活を示すシンボルとしても好都合だったのでしょう。

 西洋では、イースター当日になると、卵をつかった色々なイベントが催されます。
 もっとも有名なのは、「エッグ・ハント」ですね。カラフルな色合いにペイントされた卵を庭のあちこちに隠しておき、子供たちがそれを探し出す遊びです。アメリカの大統領官邸ホワイトハウスでも毎年行われています。

 他にも、卵を載せたスプーンを持って競争をする「エッグレース」や、坂の上から卵を転がすエッグロールなどもあり、友人同士で卵型のチョコレートやギフトを交換しあったりもします。
 イースターの卵は、イースターラビット(うさぎ)が運んできたとされるため、うさぎもイースターにちなんだキャラクターになっています。うさぎはたくさんの子供を産みますから、多産と子孫繁栄のシンボルにもなっているわけです。


 そんなわけで、開運なびでも、春の到来を記念していくつか卵の形をした水晶をアップしました。春を迎えて新規になにかをスタートさせる方や、自分の殻を破ってチャレンジしたい方には特にお奨めです。
 今後も折を見計らって、いろいろな石を使った卵をアップしていきたいと思っていますのでお楽しみに。
 今現在ある卵グッズは以下のとおりです。


 開運の卵(水晶エッグ)
 財運の卵(シトリン・エッグ)
 知恵の卵(ラピスラズリ・エッグ)
 金運の卵(ルチル・エッグ Bグレード)




 それではまた来週。
  祈開運!




【今週の開運金言】

「友を得る唯一の方法は、自ら人の友となるにある」

(エマーソン)

 


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2006 kaiun-navi All Rights Researved











開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



3月24日(金) 2006年

第167号  盛り塩を玄関先に置く意味とは?





こんにちは、開運なびです。


 ようやく話題の「金芽米」を食すことができました。
 一見、フツーのお米となんら変わらないのですが、よく見るとホントに小さな目のような胚芽が付いているんですね。身体に良さそうですし、金芽米というネーミングがウマイと思います。


 さて、今週も、読者の方から頂いたメールをご紹介いたします。



------------------


(愛媛県のM.Y.さんから頂いたメール)

盛り塩についてなんですが、盛り塩はたとえば玄関に置く場合、屋外に必ず配置しないといけないのでしょうか? それとも入り口の屋内でもかまわないのですか?
よく、葬儀に参列されたときは清めて屋内に入りますが、必ず外でお清めをやってますよね。そんなので盛り塩も外に出しておかないといけないのかと思いまして。
玄関においておくと何もないのでかなり風雨にさらされます。家はお塩ではなくクリスタルを使っているのですが。アドバイスよろしくお願いします。



------------------



 葬儀のときなどは、どうしても場所柄、霊的なものを連れ帰り安くなるため、邪気を祓うため、自宅に入る前に清めの塩をふるようにします。

 葬儀に限らず、旅行から帰ってきた後や、いつもとは違った神社に詣でたときなどでも、もしもちょっと変な感じがしたら、自宅に入る前に塩をふることをお奨めします。
 旅先などではわりと霊的な場所に身を置くことが多くなりますし、神社などは本殿はともかくとして、脇に並んでいる祠などには、まったく関係のない存在が宿りやすくなっているからです。

 玄関等に盛り塩を置く場合も、基本的には屋外に置きます。
 ただ、一般のご家庭ですとそれほど神経質になる必要はなく、近所の目もあるでしょうから、普段から置いておく場合は出入り口の内側(家の中)に置いても構いません。結界を張るという意味では、これでも大丈夫です。


 家の中ではクリスタルでも結構です。
 ちなみにオープンセサミの社屋内はもちろんですが、管理人の自宅でも、玄関内側の両サイドにクリスタル・ポイント・ミニを置いて門番の代わりをしてもらっていますし、部屋の隅や気になる部分にもこれを置いています。



 さて、塩も石同様、一種の鉱物であり、清めや邪気払いの側面が非常に強くあるものですが、一方で「お客を呼ぶ」おまじないとしての側面もあります。

 よく語られる盛り塩の由来は、中国の故事です。

 中国の皇帝は、たくさんの側室を後宮に住まわせ、毎夜、牛車に乗って後宮をまわり、気に入った女性の居る部屋まで通ったそうです。
 しかし、皇帝の相手をしたい女性の側はたまったものではありません。たくさんの側室がいるので、いったいいつ皇帝が来てくれるかわからない・・・。

 そこで女性の一人は一計を案じ、自分の部屋の門前に塩を盛りました(塩水をまいたという説もあります)。
 皇帝の乗った牛車がやってくると、その女性の部屋の前で止まり、動こうとしません。牛は美味しそうに塩を舐めているのです。そこで皇帝も、今夜はここで過ごそうということになり、それが毎夜続き、女性は皇帝の寵愛を受けることができたと伝えられました。

 こうした故事により、盛り塩はお客を呼ぶとされ、日本では「清めの塩」という意味合いと習合して、料亭や寄席などの入り口に置かれるようになったようです。


 なお、盛り塩は精製された塩化ナトリウムではなく、自然の粗塩を使うようにします。使った後の塩は厄を吸い取ったと考えますから、再利用はせず、そのまま捨てるようにしてください。




 それではまた来週。
  祈開運!




【今週の開運金言】

「迷信は恐怖と弱さと知の子供である」

(フレデリック大王)

 


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2006 kaiun-navi All Rights Researved











開運なび発行 開運メールマガジン
☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆

◆◇◆ 今週の開運ツボ ◆◇◆

〜ココを押すと運が開ける〜

☆・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵☆



3月17日(金) 2006年

第166号  石を持つときは一つが良い? 複数でも良い?





こんにちは、開運なびです。


 先日、オープンセサミの近くにある「ゴールデン・バーニング」というアジアン・レストランに久々に行ったのですが、レッドカレーとグリーンカレーを注文して、びっくり仰天。ホントに驚くほど美味しいのです。カレーの味も絶品ですし、長粒米のパラパラ感もマッチし、わきに添えられたロースト・ガーリックがいっそう味を引き立てます。
「う〜ん、旨い!」と、なんども唸りながら食べてしまいました。

 ベトナム系の料理がお好きな方にはお奨めです。
 場所は、渋谷のドンキホーテの裏側ですが、同店のホームページを見たら六本木にもお店があるようです。
  ↓
 ゴールデン・バーニング(GOLDEN BURNING)
 http://www.golden-dining.com/
 


 さて、今週のメルマガは、読者の方から頂いたメールをご紹介いたします。



------------------


(愛媛県のM.Y.さんから頂いたメール)


いつもお世話になっております。
質問なのですがパワーストーンは叶えたい事柄の石をすべて持ち歩かないといけないのでしょうか? 今はわからないのでたくさん持ち歩いています。しかし仕事の関係上たくさんは持ち歩けません。
1つ持ち歩いただけでいいのならほかのパワーストーンはどうしたらいいのですか?
ちなみに僕は金運向上が願いです。それと家族円満この二点です。
よろしくお願いします。



------------------



「石を持ち歩くときは一つにしたほうが良いのか?」
「願い事をするときは、ひとつに絞ったほうがいいの?」
「複数の石を持ち歩くと、石同士がケンカしないか?」

 といったご質問はよく頂きます。基本的には、これは持ち主の器(うつわ)次第ということになります。


 例えば、マルチタレントと呼ばれる人は、多くの種類の仕事を同時にこなしながら成功しています。別種の物事を同時並行して行える、つまり、たくさんの夢や目標を達成できる器の大きな人です。
 こうしたケースは、いろいろな石を同時に持っても有効です。たくさんの願い事、夢や希望をもって平行して追求していけることでしょう。

 逆に、一点集中型の人は、それに見合った石をひとつだけもったほうが、成功する確率はより高くなりますね。


 ただ、一般的には、その日の気分や体調、スケジュールなどで持つ石を変えるのが実用的です。たとえば、「今日は重要な商談だからこの石を持って行こう」、「今日はデートだからこの石に」という具合です。


 いずれにせよ、その日に使わない他の石は、自宅や仕事場など、静的な場所に置いておけば結構です。水晶タンブルやクラスターと一緒に休ませておくのがベストでしょう。


 石同士が反発し合うのではという点は、よほどのことがない限りそこまで神経質になる必要はありません。が、石を混ぜる場合は、なるべくニュートラルなチカラを持つ水晶(クリスタル)も一緒に入れておくことをお奨めします。


 金運向上と家庭円満について、どの石が適当かは、厳密に言うと持ち主と石との相性にかかわってくるのですが、一般的には:

 金 運→ ルチルクォーツ、タイガーアイ等
 家庭運→ アベンチュリン、アクアマリン、エメラルド等

 をお奨め致しています。


 パワーストーンの名前別リストから、各石の詳細をご覧頂けます。
 http://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/namelist.html


 自分に合う合わないを試しながら、ひとつひとつ集めてみるのも楽しいかと思います。最初から波長の合う石もあれば、初めはイメージが悪くとも月日が経つ内に見方が変わったり、石から感じるものが変わるときもしばしばあります。




 それではまた来週。
  祈開運!




【今週の開運金言】

「家は住むために建てられるのであって、眺めるために建てられるのではない」

(フランシス・ベーコン 〜イギリスの哲学者)

 


※本メールは、古来よりの言い伝えをもとに構成されていますが、いかなることも保証するものではありません。行動は自己責任においてお願い致します。
(c)2006 kaiun-navi All Rights Researved











ホームカートを見るご利用ガイドQ&Aサイトマップお問合せ会社概要


これらの情報はいにしえより受け継がれてきた伝承ですが、効果を保証するものではありません。
当サイトにある情報、画像などの無断転用を禁じます。(c)20002-2006 Kaiun-Navi All Rights Reserved.