パワーストーン専門サイト 開運なび
天然石パワーストーンと浄化用品を買うならココ!人気のブレスレットから最高級ルチルまで約700点もの品揃え!

サファイアの意味・効果・浄化方法

サファイア

「強靱さをもたらす石 〜9月の誕生石」

通称:サファイア
英名:Sapphire
和名:青玉(せいぎょく)
関連:-
  • 1. パワーストーンデータ

    サファイアの浄化方法

    水洗い 日光浴 月光浴 水晶 煙 塩 音叉
    × ×
    透明感のあるサファイアを長時間日光浴させると、変色する可能性がありますのでご注意下さい。
    お奨めの浄化方法は、水晶クラスターか、ホワイトセージによる浄化です。右画像のリンクページに、お手頃な水晶クラスターをご用意しています。

    浄化全般についてはこちらで解説しています。


    石の暗示

    信頼と誠実、堅固な愛、貞操を守る、知性を増す、激情を鎮める、妄想を払う、邪悪なものからの保護、神の祝福


    こんな人に

    恋人や夫婦の絆を深めたい。激情や興奮を鎮めたい。理性的になりたい。研究や企画開発のアイディアが欲しい。


    対応チャクラ

    眉間、喉(ブルーサファイア)


    相性の良い方位

    北、東(ブルーサファイア)


    弱点

    透明感のある色の薄いサファイアは、長時間の日光浴で変色する可能性があります。


    処理

    加熱や放射線を加えることで、色を際だたせたり、まったく別色に変化させたり、不透明な石を透明度の高い石に変える処理がしばしば行われます。
    また、人工サファイアも数多く合成されています。

  • 2. サファイア・ストーリー

    サファイアの特徴

     ラピスラズリと共に9月の誕生石に選定されている石。
     非常に硬く、モース硬度上でこれより硬い石はダイヤモンドしかありません。
     現在では合成技術の進歩により人工サファイアも多く作られ、宝飾品はもちろん、その硬さを利用して工業用としても使用されています。

     サファイアといえば濃いブルーの石というイメージがありますが、実はほとんどすべてといってよいくらい多様な色があります。
     鉱物的にみるとルビーと同じコランダム(Corundum)グループに属しています。
     コランダムの内、濃い赤色の石だけがルビー、それ以外の色の石はサファイアと呼びます。赤っぽい石でも薄い色のものはルビーとは呼ばず、ピンクサファイアと呼んでいます。
     そのためサファイアとは、青色、ピンク色、オレンジ色、緑色、紫色、黄色、白色、無色など様々な色合いがあります。しかし、最もポピュラーなのは、濃紺色を示すブルーサファイアです。そのため一般的に「サファイア」と言った場合はブルーサファイアを指し、それ以外の色の石は「ファンシーサファイア」と呼ぶ場合もあります。
     透明感のないサファイアをカボッション状に磨くと、星状の反射光を示すものもあり、こうした石はスターサファイアと呼ばれます。
    サファイア結晶原石
    ▲様々な色合いのサファイア。販売ページはこちら


    名称の由来

     サファイアの語源は、青色を意味するラテン語の「sapphirus」、ギリシャ語の「sappheiros」に求められます。
     古代ペルシャ人は、この世界は巨大なサファイアの上に乗っており、空が青いのはサファイアの色が反射したためであると信じたそうです。
     モーゼがシナイ山で神から与えられた十戒は、サファイアに刻まれていたとされました。
     ただし、古代においてサファイアと呼ばれた石は、ラピスラズリであったという説が有力です。

     また、コランダムの語源は、古代インドのサンスクリット語でルビーを意味する「kuruvinda」に由来するとされます。


    サファイアの意味

     サファイアは長年に渡って、「信頼」「誠実」「真実」「貞節」の象徴とされてきました。ダイヤモンドに次ぐ硬さを持つことから、「堅固な愛の証」を象徴し、恋人や夫婦の絆を強めるとされます。ただ、パートナーが浮気をすると光沢が失われ、不運が迫ると変色して知らせるという説もあります。
     サファイアには様々な色がありますので、以下に色別の意味を解説します。

    【ブルー サファイア】
     サファイアの代表格です。
     サファイアの意味や石言葉として解説されるものは、特別な断りがない限り、ブルーサファイアに関することと考えてよいでしょう。

     青は天空の色につながるせいか、カトリック教会はブルーサファイアを神の光を表す象徴と定め、聖職者の指輪にもっともふさわしい石として、司教や枢機卿にサファイアの指輪を右手につけることを奨めたそうです。
    「信頼」「誠実」「忠誠」「貞節」といったサファイアの石言葉は、もともと聖職者が神への献身を示すシンボルとしてこの石を考えていたことから来たのかも知れません。
     中世ヨーロッパでは、各国王族の宝飾品として好まれ、有名なところでは、イギリス国王の王冠の先端にある十字架に、有名なブルーサファイアが埋め込まれています。

     パワーストーン的に観ると、真っ赤なルビーが情熱の炎ならば、青いサファイアは冷静な洞察力の石といえます。
     物事の表面に惑わされず、背後にある真理を見抜くサポートをします。
     それは隠された真実を察知することや、自分自身の内面に埋もれている深い叡智(えいち)を呼び覚ますことにもつながります。
     とくに、ネガティブな難しい状況に立たされたとき、いたずらに騒ぐのではなく、問題の核心は何で、どういった事を学ぶべきなのかを理解することで、問題を根本的に解決していく助けをするとされます。

     問題の根本に立ち向かうことは決して気楽な作業ではありません。むしろ辛く、試練といえるケースが多いでしょう。
     けれどもそうするべき時には、そうしなくてはいけません。
     ブルーサファイアは、そんな心のあり方をサポートします。
     そういった意味では、ブルーサファイアは心に強靱(きょうじん)さをもたらす「鋼(はがね)の石」といえるでしょう。

     すべてのコランダムは強靱さを表現しているといえますが、とくにブルーサファイアは「心の強靱さ」を高める波動を持っているように感じます。
     他人の意見に左右されやすい人にとっては、自分の考えを表現するためのよきお守りになるでしょうし、たとえ自分に不利益がもたらされようとも、真実を貫かなければいけない人には勇気をもたらしてくれることしょう。
     スピリチュアルな成長の途上で、クリアしなければいけないたくさんのハードルを、きちんと認識する手助けになるということです。

     その他の暗示としては、まず「鎮静効果」が語られています。魂や感情の混乱を鎮め、不必要な妄想を取り除き、真実を見抜く直感と洞察力をもたらすとされます。その結果、ラピスラズリ同様、知性と理性を高めるといわれます。激情的な人、すぐに感情的になって混乱してしまう人、憎悪に苦しんでいる人などに、よきお守りになってくれることでしょう。

     チャクラ的には、喉〜眉間のチャクラに対応し、内実を見きわめ、表現力を高めるとされます。

    【ホワイト サファイア】
     純粋なエネルギーを持ち、頭頂〜高次のチャクラと呼応して、人間の意識を天空の霊的世界につなぐとされます。
     そのため、何か難しい状況や困難な出来事に遭遇した場合、現世的な見方をするのではなく、より高い視点、霊的視点から問題を見る手助けをするといわれます。
     心機一転して何かに新しく取りかかる際のお守りとしてもよいでしょう。
     ダブルポイント状に結晶した透明なサファイアは、ダイヤモンドに間違われることもあります。

    【イエロー サファイア】
     昔から「富と繁栄」のお守りとされてきました。
     インドでは、商売成功のお守りとして商人達は美しい黄色のサファイアを身に着け、死者を送るときは、来世での富を願って、口の中に黄色いサファイアを入れて埋葬したときもあったそうです。
     黄色いサファイアは、中腹のチャクラとよく呼応し、この部分の働きを高めるとされます。
     中腹のチャクラの力が強まることで、よくありがちな「怖れ」や「疑念」の入る隙間をなくし、信念に基づく行動を継続させることで、成功に導きやすくするといわれます。

    【ピンク サファイア】
     胸のチャクラ、すなわち心のエリアにとても有効な石。
     ルビーのような強烈さはないものの、優しく、明るいエネルギーを心の中に送り込み、痛みの解放や自分自身を受容することを教えるとされます。
     人はしばしば、過去の人間関係で味わった感情的なトラウマに捕らわれてしまい、どうしても心の壁を築きがちになります。
     そうした心に明るく楽しい光りを注ぎ、過去の傷をリセットして、引っ込み思案気味な傾向を変え、もっと自分を表現して、他者との関係に愛と楽しみをもたらすサポートをするとされます。

    ※下記のメルマガにも関連記事があります。
     今週の開運ツボ 第309号 「ダイアナ妃とサファイアの指輪」

  • 3. ヒーリング効果

     ブルーサファイアは鎮静効果があるとされ、興奮、癇癪(かんしゃく)、発熱、動揺、過度の出血などを抑えるときに用いられる場合があります。
     また、眼病を癒す石、毒薬に対する解毒剤としても伝えられています。
     ただし、これらの効果・効用は現代医学で証明されているわけではありません。

  • 4. 鉱物データ

    鉱物名青玉(せいぎょく)
    Sapphire(サファイア)
    鋼玉(こうぎょく)
    Corundum(コランダム)
    別名-
    誤称-
    主な
    産出地
    スリランカ、インド、マダガスカル、ミャンマー、タイ、オーストラリア、アメリカ
    分類酸化鉱物
    化学組成Al2O3 酸素とアルミニウムの化合物
    結晶系六方晶系
    晶癖
    (形状)
    錐状、六角柱、塊状
    主な
    色合い
    ほぼすべての色
    条痕色無色〜白色
    硬度9
    劈開なし
    比重3.80〜4.05
    屈折率1.76〜1.78
    似て
    非なる石
    アイオライト、スピネル、タンザナイト

    その他

     サファイアの発色要因は、石内部に微量に含まれた不純物です。ブルーはチタンと鉄によるもので、淡緑〜黄色〜茶色系はクロムによる発色。クロムの含有量が増えていくにつれてピンク色から赤いルビー色になっていきます。
     スターサファイアで星状に光って見える部分は、内部に含まれている微量のルチル(金紅石)です。ルチル結晶は整列して並んでいるため、カボッションのように球面に研磨することで光を受けやすくなり、筋状の輝きとなって現れます。
     磁鉄鉱や鉄スピネルなどを含み宝石にはならないコランダムはエメリーと呼ばれ、粉末にして道路舗装材や研磨材、紙ヤスリなどに使用されます。
    スターサファイア
    ▲スターサファイア。

  • 〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について〜
  • ●「開運なび」のウェブサイトに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せ頂いた情報、管理人の個人的感覚をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。ひとつの参考意見としてお読み下さい。
  • ●特に健康面に関する記述は、現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解下さい。
  • ●「開運なび」はいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
  • ●「開運なび」に掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、「開運なび」では責任を負いかねます。